So-net無料ブログ作成
検索選択

久々の玉川上水! 立川~拝島 その2


なんということでしょう!
5月のはじめに歩いたことを記事にしていたのに、既に7月ではありませんか!!

私の6月は一体どこへ行ったのか。

 1) 仕事が一段落したと思ったのは単なる錯覚だった
 2) 不節制がたたってまたもや頚椎を痛め、それが治らないうちに
   今度は風邪を引き、咳をするたびに首まで痛いという、
   とほほスパイラルに陥った
 3) ツイッターを始めたら、そこで出合った連句に夢中になった

…とまあ、そんなこんなであっという間に時間がたっておりました。

でも、やっと仕事も一段落..

ぱふ

久々の玉川上水! 立川~拝島 その1


“あと2~3週間で余裕が”などと前の記事に書いておきながら
また狼少年ならぬ狼おばさんになってしまうところでした。

やっと、本当にやっと!!!自分でコントロールできる程度の
仕事量になってきました。激務の日々、長かった~~~

ということで、この連休の1日、やはり長い間中断したままになっていた
“玉川上水を歩く”シリーズを再開しました!!

玉川上水は、江戸に水を引くために掘られた上水道。
その上水道に沿って歩き通そう、というこの企画。

上水道のコースを少しずつ、歩いていく企画です。

   羽村..

ぱふ

玉川上水 憧れの道はこれから…


to be continued… から、なんと!2か月近くもたってしまいました。
いろいろあったような、なかったような毎日で、更新を怠ってしまって。たはは。(ー_ーゞ

 

そんなわけで季節感が違ってしまいますが、前回の続きです。


玉川上水ぞいの道も、三鷹市の間は のどか~な風景が続きます。

8.ここは三鷹市.jpg
                       こんな感じ。タイムスリップしたみたいでしょ?


杉並区に入っても、どこかレトロな雰囲気。国学院久我山中・高校の近辺は
そのまんま昭和で懐かしい。

10.国士舘大学そば.jpg

こ..

ぱふ

見上げれば


 玉川上水シリーズの途中ですが、ちょっと閑話休題。

 武蔵野のいろんな川や上水のほとりを散策している私たち、
 あまり詳しくはないまでも草木や鳥、虫などに遭遇し喜んでいるわけですが
 豊かな自然のなかでは、何もかもいきいきしているようで。

 

 桜並木の野川ぞい、ある1本の桜の前で夫が声を上げました。
 “黒くて長いものがニョロニョロしてる!!”

 角度を変えて見上げてみると、
   あれは?.JPG  ん? このカタチは…

桜から.JPG


               枝のすきまにすっぽりと入り込んで納まっている..

ぱふ

玉川上水 憧れの道


お天気のよかった8月27日、さくっと玉川上水シリーズを歩きました。

急に思い立っての決行なので、よそゆきの場所ではなく
私たちが普段出没しているエリアです。

出発は万助橋。 1.万助橋.jpg

井の頭公園の中?というか、ほとり?というかそんなところ。
写真で車が走っているのが橋の上です。
画面の左側が動物園、右前方向が公園のメイン、池のある区画。
自転車おばさんが向かっている方向へ進むと、ジブリ美術館があります。

この橋あたりで丑三つ時にタクシーに乗ったことがあるのですが、
運転手さんに「お客さん、幽霊じゃあ..

ぱふ

玉川上水 うらやましい環境


やっと、本当にやっと!!青空が広がりました。
しかも、湿度の低い爽やかな暑さ。
これは浮かれ出るしかないでしょう!!

ということで、玉川上水を歩くシリーズ、前回の続きを歩きに出かけます。

今までは、テキトーに出発して闇雲に歩き回っていて、
迷って無駄に疲れてしまっていました。
そこで今回は、できるだけ公共交通機関を使いこなそう、とリサーチをして
臨みました(何を今さら… ヾ(ーー )ォィ)。

都合のいいバス路線を探していたら、なんと、うちの前のバス停を通る路線が
今日のスタート地点近くまで行く..

ぱふ

玉川上水 お散歩の延長


 7月7日、“玉川上水を歩く”シリーズをゲリラ的、スポット的に決行しました。

 前回は上水の水源から福生までを歩いたのですが、今回は、うちから近いところを
 少しクリアしておこう、ということで、境の浄水場あたりから歩き始めました。

 浄水場のあたりは、私たちにとっては普段の散歩道。
 いつもは、ここを通って小金井公園へ向かうのです。 

玉川上水の碑.jpg 今日はひたすら上水ぞいに歩きます。
 が、歩いても歩いても小金井公園の先へ行けない。
 恐るべし、小金井公園! なんて広いの。。

 小金井公園のあたりの上水..

ぱふ

玉川上水のミナモト


今日は連休(といっても私には関係ないのですが)の中日、お天気は最高。
ということで懸案の“玉川上水を歩く”シリーズを始めることにしました。

中央線、青梅特快で小作へ。
ここの取水場が、そもそもの始まりなのです。

小作取水場.jpg  ここに来るやいなや、目の前に飛んできたのが

                            かわせみ!.jpg

                            遠くてボケボケですが、カワセミちゃん。ラッキー

 箱入り地蔵?.jpg  こんな深窓の(?)お地蔵さんにビックリしながら
         ..

ぱふ

一天にわかにかき曇り


以前、小金井市にある江戸東京たてもの園の売店で、1冊の絵地図を見つけました。
村松昭という人の散策絵図シリーズ「玉川上水散策絵図」。
ちょうどその時、玉川上水ぞいに歩いていたということもあり即購入。絵の美しさと親しみやすさで
すっかり惚れこんでしまいました。そんなわけで、HPを調べ「野川散策絵図」の存在も突き止め、
三鷹駅前の山歩きグッズの専門店で買い求めました。

で、“いつかこの絵地図を眺めながら、野川や玉川上水を歩き通そう!”と心に誓ったのですが
なかなか実行できずにいました
。※ここ..

ぱふ

まるで夏休み♪

梅雨空になる前のお天気を惜しみ、お散歩に行きました。

玉川上水ぞいの遊歩道では、でっかいトンボ(体長ゆうに12~3センチ!!コオニヤンマ? 
わからない…)に出会い




その勢いで小金井公園へ突入。とはいえ天気続きで遊歩道は乾きに乾いてて、
砂ボコリで足元は泥だらけだし、暑くてのどは渇くし、けっこう大変。


小金井公園の広場では、凧揚げを楽しむグループがいたり、
捕虫網を持ってチョウチョを追いかけてる男の子がいたり、
上半身裸で肌を焼いてる若者たちがいたり..

ぱふ

小金井公園のカワセミ

小金井公園へ行きました。

玉川上水ぞいの「小金井桜」は、既にほとんど散ってしまっていました。
園内の「大島桜」も、既に葉桜状態。それでも、芳香と共に威厳を放っていました。

枝の広がりは直径20メートル!
前に立ったら、思わず背筋を伸ばしたくなるような立派な大木です。

花桃や菜の花も咲き乱れ、春~ って感じでした。

   

さらに歩いていると、ごく浅い人工池があり、そこに「カワセミの営巣」などという看板(?)が。
先日、仙川でカワセミを見て盛り上がっていた私たちが、「え..

ぱふ

新緑の森に妖怪は

今日は玉川上水ぞいを一路西へ。小金井公園を目指しました。
うちから玉川上水までが、既にけっこう距離があるのですが、
途中の遊歩道ではでっかい蜂をよけながら藤棚をくぐり
 八重桜の花びらの
                    じゅうたんを踏みしめました。

玉川上水ぞいの道も、小金井市に入ると狭く、そしてワイルドになります。
私は気づかずに長い蛇をまたいでいたようで、連れが悲鳴を上げながら
私を引っ張って避難させました。引き返して確認すると、
細い尻尾が土手に逃げるとこ..

ぱふ

激しい春の合間

このところ、激しいお天気が続いています。
雷は落ちなかった東京ですが、その片鱗をうかがわせる入道雲!

そんな目まぐるしい空模様の間隙をぬって、最近マイブームの
井之頭自然文化園に行きました。バスを降りて、入り口に向かう手前の
玉川上水の新緑が雨に洗われて鮮やかでした。
             

ベンチで原稿を書くのは かなり快適なのですが、今年は気温が低い!
時々歩き回らないと我慢できません。今度は熱帯鳥の温室で粘ろうかな。

今日はヤクシカに、うるんだ目..

ぱふ

桜に溺れて

そろそろ葉っぱも目立ってきた東京の桜ですが
まだまだ花も残っています。
北風の強かった今日は、住宅街のなかに散在する桜並木を散歩し、
桜吹雪に溺れてきました。

これは玉川上水ぞいの道。散っていく花びらが日差しのなかで光って
きれいでした。私のケータイではそこまで撮れませんでしたが。

そろそろカイドウも山吹も満開

今週末には、もう桜は残ってないのかなー

ぱふ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。