So-net無料ブログ作成
ねことの遭遇 ブログトップ

見上げれば [ねことの遭遇]


 玉川上水シリーズの途中ですが、ちょっと閑話休題。

 武蔵野のいろんな川や上水のほとりを散策している私たち、
 あまり詳しくはないまでも草木や鳥、虫などに遭遇し喜んでいるわけですが
 豊かな自然のなかでは、何もかもいきいきしているようで。

 

 桜並木の野川ぞい、ある1本の桜の前で夫が声を上げました。
 “黒くて長いものがニョロニョロしてる!!”

 角度を変えて見上げてみると、
   あれは?.JPG  ん? このカタチは…

桜から.JPG


               枝のすきまにすっぽりと入り込んで納まっている子猫でした。
               夫には尻尾だけが見えたので驚いたんですねー

 

今日は千川上水(玉川上水から分水された上水道を、西東京市~武蔵野市~練馬区にわたって
流れを復活させています)ぞいを散歩して、ちょっと猫ちゃんの真似をしてみました。

千川上水.jpg

 

サトイモやキャベツ、白菜の畑が広がっていたり、
とてものどかな一帯です。
吉祥寺のすぐそばだなんて信じられないぐらい。


nice!(31)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あっちこっちで猫が [ねことの遭遇]

好天に誘われて、そこらの路地を歩き回ったここ数日。
あっちこっちで猫がのんきにしてました。

続きを読む


nice!(12)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

茶トラは眠い? [ねことの遭遇]

猫って、毛色によって性格とかあるのかな。

…などと考えてしまったのは、近づこうが撫でようがおかまいなしで、
ただただ眠そうにしてるコが、たまたま続けて茶トラだったから。

 このコは目を開けようともしなかったし、  このコは半眼。

のんきなコが多いんだろうか?


生き延びろ! [ねことの遭遇]

昔っから猫が好きで、よくノラにエサをやったりしてました。
いつも携帯していた煮干しのせいで、リュックが
生臭〜くなって困ったものです。

が、ある夜、人なつこい子猫とひとしきり遊んで
帰ろうとした時に、夜道に響き渡る声で鳴かれ
後ろ髪を引き抜かれたぐらいの痛みを感じて以来、意識が変わりました。
道端で見かけるコは、どのコもかわいい、その気持ちは
変わらないのですが、<テキトーに餌付けして遊んで、
それでいいのか??>と、なんか悩んでしまったのです。

といって、都会のアパート暮らしの身で、捨て猫たちの
里親にもなれないヘタレな私は、「心を鬼にする覚悟なしには
猫ちゃんと遊ばない」という決心をしたのです。
<私は、自分が責任を持てない猫にはエサをやらない>
そんな決意、世の中を何も変えないし、猫にすれば、今ここで
何かくれたら別にそれでいいよ〜、とか思うでしょうし
結局は自分が傷つくのを防ぐためだけのもの。

そんな悲愴な覚悟を(勝手に)抱きながら、それでも猫を見れば
必ず声をかけ、逃げられるまでは寄っていく私。
そしてこんな子猫を見かけたら、<あ〜チクワの1本も持っていれば >などと
思ってしまうのでした(覚悟はどうした!)。

ほんと、心が痛む。生き延びてってほしい!


積極的なコ [ねことの遭遇]

「ちょっとシカトする気?」とばかりに
気づかず通り過ぎようとする私に抗議の声を上げた
器量良しの門番猫。

挨拶がわりにのど元を撫でると「うむ、苦しゅうない」
みたいにご満悦なご様子。
では記念に1枚、と携帯を取り出し撮影しようとしたら
「それは何にゃ? んんんーっ?」と、
ぐいぐい鼻面を押しつけてきた。

あれー、お戯れを ってもう、タジタジでした。


ねことの遭遇 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。