So-net無料ブログ作成

玉川上水 うらやましい環境 [絵地図を歩く(2)玉川上水]


やっと、本当にやっと!!青空が広がりました。
しかも、湿度の低い爽やかな暑さ。
これは浮かれ出るしかないでしょう!!

ということで、玉川上水を歩くシリーズ、前回の続きを歩きに出かけます。

今までは、テキトーに出発して闇雲に歩き回っていて、
迷って無駄に疲れてしまっていました。
そこで今回は、できるだけ公共交通機関を使いこなそう、とリサーチをして
臨みました(何を今さら… ヾ(ーー )ォィ)。

都合のいいバス路線を探していたら、なんと、うちの前のバス停を通る路線が
今日のスタート地点近くまで行くと分かってビックリ。
幸先がいいではありませんか!!


お弁当もって日焼け止め塗って、出発です♪

        玉川上水 国分寺あたり.JPG
        私たちと抜きつ抜かれつで歩いていた親子4人。
        楽しそうでした。すてきな夏休みだなあ。

 


前回は国分寺街道を越えたところまででしたが
今回は、バスを下りて新小金井街道を進んだので、橋2本ぶん引き返すかたちでスタートしました。

  スタートは新小金井街道にかかる茜屋橋。
  このあたりで、アカネが栽培されていたこと、
  その元締めを茜屋と呼んだことによる命名だそうです。

  玉川上水には110本ほどの橋がかかっているということですが、
  なかなか味のある名前の橋が多く、そのいわれを調べるだけで
  本になりそう。

  今日は主に上流に向かって右岸(北側)の歩道を歩きました。
  こっち側には警察学校、陸上自衛隊小平駐屯地をはじめとして
  一橋大学、津田塾大学、武蔵野美術大学などなど、学校が並んでいます。

 なにしろ、この西武多摩湖線の駅(すぐ右)は、
 西武多摩湖線.JPG 「一橋学園駅」ですからねー

  緑豊かな散歩道がすぐそばにある大学なんて、すてきじゃないですか!!
  環境としてはうらやましい限り。

                            上水の土手.JPG

  津田塾大学の先には、スポーツ施設の集まった小平中央公園。
  ベンチでお弁当を食べ、体育館の自動販売機で食後のコーヒーをいただき
  トイレを借りて再び出発です。

  すると、すぐにまた西武線の電車が。

西武国分寺線.JPG これは西武国分寺線。すぐ右が鷹の台駅です。

  このあたりは商店もあって、何だか普通に町なかの川みたいな雰囲気。

  でも、ちょっと普通と違うのが、特に、私たちが歩いている右岸(北側)の歩道の脇には
  もう1本、水の流れる堀があること。

   小平分水.JPG 玉川上水本体は写真の左側。深さもあり、
  さらには夏場で木々が生い茂っていて、水の流れはなかなか見えません。
  一方、右側の小さい堀は高い場所にあり、水量も豊かで、
  流れる音と共に涼しさを感じさせてくれます。

  この小さい堀は新堀用水(小平分水)。玉川上水は、いくつも分水されて
  武蔵野の地の農業を支えてきたのです。

  朝鮮大学、武蔵野美術大学の手前には、ホタルの養殖場もありました。
  どこに放すんでしょう? 玉川上水にホタルが舞ったらすてきだなぁ。

  立川通りにかかる小川橋に到達したところで1キロちょっと後戻りして
  美大通りから小川神明社や小川寺、日枝神社あたりを歩いてみたのですが、
  木陰で水辺で舗装なしの玉川上水ぞい遊歩道と違って、あっつい暑い!!
  後悔しながら上水ぞいに戻りました。

  今日は小川橋までで歩き止め。
  玉川上水は6キロほどをカバーし、そのほか6キロほどを歩きました。

  三鷹に帰ってから、駅から一番近い銭湯へ駆け込みました。
  ジェット風呂って、疲れた脚にサイコー![手(チョキ)]


nice!(22)  コメント(15)  トラックバック(0) 

nice! 22

コメント 15

Baldhead1010

今年はなんだか真夏が無くて秋を迎えそうです。
by Baldhead1010 (2009-08-17 05:57) 

袋田の住職

水の流れがあると、そして、木立があると涼しげですね。
by 袋田の住職 (2009-08-17 14:27) 

cocoa051

お疲れさまでした。
なにかやっと夏らしいお天気になってきたみたいですね。
きょうあたりは湿度も低め、軽い風も吹いてさわやかで、暑いながらも気持ちがいいですね。
玉川上水沿いは素敵なところが多いようですし、踏破するのも楽しみになりますね。
でも、まだまだ暑いですからくれぐれもご自愛ください。
by cocoa051 (2009-08-17 14:50) 

春分

なるほど、分割して歩くといいのですね。
上野から宇都宮は100kmくらいか。10日くらいかけると無理なく歩けるかな。
抜きつ抜かれつがいい親子でよかったですね。うるさい夫婦だと本当に
うんざりです。その上、熊鈴がうるさい・・・いえ、先日の日光の愚痴でした。
by 春分 (2009-08-17 21:48) 

tanaka-ma3

子供が小さい頃、この近くに住んでいました。
by tanaka-ma3 (2009-08-18 10:33) 

ぱふ

◆lomoさん
ご訪問&nice! ありがとうございました♪
◆MORIHANAさん
ご訪問&nice! ありがとうございました♪
◆Baldさん
ありがとうございます♪
本当に、今年の夏は変です。予測がつかないですよね。
なんだか、地球規模で恐ろしいです。。
◆takemoviesさん
ご訪問&nice! ありがとうございました♪
◆住職さん
ありがとうございます♪
普通の住宅街の道とは、雲泥の差でした。
木陰で水辺、これは最高ですね♡
◆cocoa051さん
ありがとうございます♪
1回に5~7キロずつ歩いていくと、あと4~5回で踏破できるかな。
最後、23区内に入っちゃったら、上水は地下へ潜ってしまうので
歩いて楽しくないかもしれず、そこが心配です。
◆春分さん
ありがとうございます♪
私たちヘタレ夫婦は、1日5~6キロでないと続けられなさそうです。
それも連日だと無理かも…
まあ、玉川上水では熊鈴は要らないのですが。
◆まーさん
ありがとうございます♪
そうですね、このあたりはまーさんのテリトリーでしたね。
子供を育てるには、とてもいい環境だと思いました。

by ぱふ (2009-08-18 11:02) 

笙野みかげ

身近に一橋大の寮に入っていた人がいて、あのあたりは何度か通りましたよ~。(寮は小平キャンパスにあります)
国立キャンパス付近のイメージとはまた違った場所ですよね^^;
by 笙野みかげ (2009-08-18 21:12) 

junmaru

良いところですね~
歩いた後の銭湯、気持ちよさそうです。
by junmaru (2009-08-19 18:29) 

ゆきゆき

ますます玉川上水行きたくなりました。脚が萎えて少し遠く感じて無沙汰です。私のコースは御殿山の満助橋から久我山方面が主です。
by ゆきゆき (2009-08-21 06:59) 

sonic

黄色い電車が似合う道ですね!
by sonic (2009-08-22 12:43) 

ちゃっぴー

散歩が楽しそうなエリアですねえ。
なんだか早くも朝晩に秋の気配が漂う今日この頃ですが
そろそろ私も散歩に出かけてみたくなりました。
by ちゃっぴー (2009-08-23 19:26) 

nomu

この前テレビのクイズで「玉川兄弟」のことが出ていたんだけど、玉川上水と聞くとすぐにぱふさんを思い出します。^^v
by nomu (2009-08-30 09:00) 

ぱふ

◆aokenさん
ご訪問&nice! ありがとうございました♪
◆みかげさん
ありがとうございます♪
おなじみの場所でしたかー。いいところですよね~
◆junmaruさん
ありがとうございます♪
大きなお風呂って、かなり極楽に近いと思います。
◆ゆきゆきさん
ありがとうございます♪
次回はゆきゆきさんのテリトリーを歩きますよ★
◆U3さん
ご訪問&nice! ありがとうございました♪
◆sonicさん
ありがとうございます♪
緑豊かな景色に、黄色い電車が鮮やかに映えますね。
どことなくのどかに感じられます。
◆今造ROWINGさん
ご訪問&nice! ありがとうございました♪
◆ちゃっぴーさん
ありがとうございます♪
散歩にいい季節になりましたね。そして、そのあとのゴハンも
おいしい(苦笑)
◆きみなりさん
ご訪問&nice! ありがとうございました♪
◆あやっぴぃさん
ご訪問&nice! ありがとうございました♪
◆nomuさん
ありがとうございます♪
たぶん私も、その番組見ました! 即答しましたとも!!
ご兄弟とは、今では親せきのような気分です(嘘)。
by ぱふ (2009-08-31 21:54) 

ぱふ

◆ponchiさん
ご訪問&nice! ありがとうございました♪
by ぱふ (2009-09-06 01:44) 

ビジネスマナー

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
by ビジネスマナー (2012-07-13 18:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。